ルミガンのリバイタラッシュ

ルミガンから作られたリバイタラッシュ

ルミガンの正規品はこちらを確認>>
ルミガン

 

以前に大ヒットしたまつ毛育毛商品に、リバイタラッシュがあります。

 

リバイタラッシュはルミガンから発展して作られたものですが、ルミガンを手掛けるアラガン社の製品ではありません。

 

リバイタラッシュは、あるアメリカの眼科医が愛妻のために作ったものです。

 

乳がんを患った奥さんが、がん治療によってまつ毛が抜けてしまったので、妻のためにルミガンを改良しました。

 

すでに販売されていたルミガンに添加物を足し、毎日奥さんのまぶたに塗ってあげたのだそうです。

 

その結果、治療で抜けた奥さんのまつ毛が、再び生えるようになったということです。

 

その眼科医は、その後それをまつ毛が生えるということで商品化し、リバイタラッシュと名付けました。

 

リバイタラッシュが発売された当初の価格は、150ドルとかなり高いのですが、まつ毛が本当に生えるということで、効果の高さから爆発的に大ヒットしました。

 

アメリカには、審査が厳しいことで知られる米国食品医薬品局(FDA)という機関があり、ルミガンはFDAから正式に認可を受けた商品です。

 

一方のリバイタラッシュは、大ヒットしてはいたものの、FDAから警告を受けることになってしまいました。

 

理由は、美容の用途でルミガンを使用していることや、もし不適切な方法で緑内障の患者さんが用いてしまった場合を懸念したからです。

 

FDAの警告をきっかけに、リバイタラッシュは配合する成分が変更されました。

 

有効成分が以前と変わってしまったので、まつ毛の育毛効果が大幅にダウンしたそうです。

 

こうしたことを受けて、ルミガンを扱うアラガン社も、まつ毛の美容効果を全面に押し出した製品を発売しました。

 

日本でも有名な、ラティースです。

 

ルミガンとラティースは同じ成分を含有しているのに、どうして別の商品名で売られているのだろうと疑問に思われる方も多いでしょうが、発売の背景にはこうした他商品の存在があったのですね。

 

FDAもラティースに認可を出していますから、安心して使用できる製品です。

 

ルミガンの詳細はこちらから>>>>
ルミガン