ルミガン 眼科

ルミガンを眼科で処方してもらう

ルミガンの正規品はこちらを確認>>
ルミガン

 

ルミガンは日本では緑内障の治療薬として使用されています。

 

目薬ですが、目薬は瞼やまつ毛に付いてしまいます。

 

この副作用でまつ毛が濃くなってしまいます。

 

そのことが逆に美容業界で注目されていて、自分のまつ毛が濃く、長くなるものとして、注目されるようになりました。

 

アメリカではその効果が確認され、まつ毛の育毛剤として認可されています。

 

日本ではまつ毛の育毛剤としての認可はないので、輸入品が多くインターネットで出回っています。

 

本来であればルミガンは医薬品なので、眼科などの医師の処方を必要とする薬ですが、輸入品だと自己責任で購入することができてしまうのです。

 

そのため、安易な気持ちで使用してしまい、角膜障害や瞼の皮膚にシミができてしまったり、毛が生えてしまったりすることもあるようです。

 

また、ドライアイや炎症が起こってしまったという事もあるようです。

 

もちろんこれらの副作用には個人差がありますが、まつ毛を長く見せたい方という理由だけで、間違った使い方をしてしまうと、とてもリスクが大きいものなのです。

 

個人で購入するよりも、眼科の専門医に相談して処方してもらうのが一番良いでしょう。

 

日本製のルミガンを処方してくれます。

 

まつ毛は目元に近いので、眼科医の元使用するのであれば安心ですし、きちんとした使用方法を医師に確認することができるのも大きいですね。

 

病気ではないため保険はきかないので、お値段が高くなってしまいますが、きちんとした検査やアドバイスをしてくれるので、安心が大きいです。

 

自分の自宅の近くの眼科で処方してくれるのかわからない場合は、問い合わせてみましょう。

 

ルミガンがアメリカでまつ毛の育毛剤として認可されていることは、ほとんどの医師が知っている事ですから、処方してくれる眼科は多いでしょう。

 

ホームページ上でもまつ毛の育毛剤として紹介している病院もあるくらいです。

 

ルミガンはあくまでも医薬品なので、医師に処方してもらいましょう。

 

ルミガンの詳細はこちらから>>>>
ルミガン